認知症が発祥する前にサプリメントで予防しよう

糖尿病の基準となる数値

女性

ヘモグロビンa1cの値が高いと、糖尿病と診断されてしまいます。糖尿病をきっかけとして、さまざまな病気を引き起こすことも少なくありません。その為にはこの数値を減らす努力を、食生活などで補いましょう。また、平行して程よい運動や生活習慣の改善も行って行きたいものです。忙しい人にはサプリメントもお勧めです。

More Detail

加齢に伴って出る病気

男の人

日本女性の平均閉経年齢は、約51歳と言われています。この閉経年齢を挟んだ前後合わせて10年間が、一般に更年期と呼ばれる時期です。更年期は心と身体に不調が起こりやすく、その様々な症状を更年期障害といいます。更年期に不調が起こりやすい理由は、閉経に向かって女性ホルモンのエストロゲンが急激に減少するからなのです。エストロゲンは美しい肌や髪、体つきといった女性らしさを司るホルモンであり、また自律神経に大きな影響を与えることでも知られています。エストロゲンはこうした作用があるため、更年期にその量が足りなくなると体や精神に不調が起こりやすくなるとされているのです。更年期障害を改善するには、病院の婦人科や更年期外来等で足りなくなった女性ホルモンを薬で補う「ホルモン補充療法」が効果的です。ホルモン補充療法は更年期障害を根本から治療するもので、症状の改善に大きなメリットがある方法ですが、しかし体質や既往症によっては適用できない場合があるのです。そこで、漢方による治療やサプリメントによる改善も行われています。中でも、副作用の心配がなく手軽に利用できるというメリットからサプリメントが高い人気です。

更年期障害に効果的とされるサプリメントは、いくつかあげられています。中でも代表的なものは、女性ホルモンと似た働きをすると言われる「大豆イソフラボン」です。このサプリをとることでホルモン補充療法に近い効果が期待できることから、古くから高い人気がありますが、ただし中には効果が実感できないという声も聞かれるのです。実は、大豆イソフラボンは腸内で「エクオール」という物質に変換されてはじめて女性ホルモンと似た働きをしますが、日本女性でこれを作り出せる人はおよそ半分程度、つまり残りの半分の人はいくら大豆イソフラボンを摂っても効果が実感できないワケなのです。そこで、このエクオールのサプリをとる方が効率的であると、今大きな注目を浴びています。特に現代は大豆製品をとる人が少なくなり、その結果腸内でエクオールを作り出せない人が増える傾向にあると言われているのです。こうした情勢もあって、今後エクオールのサプリはますます人気が高まっていくと考えられています。

更に、更年期障害を乗り越えた後に気をつけないといけないのが認知症です。日本では高齢化が進んでおり、認知症を発症しているお年寄りも多くいます。また、若年性アルツハイマーといって若い方でも認知症になる場合があるので注意しましょう。これらの症状は運動や脳トレをすることで未然に防ぐことが可能です。また、サプリメントを服用することで予防することもできるので、試してみるといいでしょう。サプリメントには症状を抑えてくれる成分が多く含まれています。そして、飲むだけで予防することができるので、お年寄りでも気軽に体内に取り入れることができるでしょう。

免疫力を高めよう

サプリ

免疫力を高めたいのであれば、フコイダンのサプリメントを飲みましょう。免疫細胞を活性化させる他、肌を綺麗にする効果も期待できます。コストパフォーマンスが良いので、気軽に摂取できることも魅力のサプリメントです。

More Detail

ゴマ成分で健康づくり

栄養補助食品

サプリメントに配合されているセサミンはそれぞれの商品で含有量が違います。10mgを摂取できるのが良いので、含有量を見ておきましょう。セサミンサプリメントは定期購入やお徳用を買うと通常価格よりも安く買えるのです。

More Detail