認知症が発祥する前にサプリメントで予防しよう

糖尿病の基準となる数値

女性

高血糖の状態が長く続くと、糖尿病が発症してしまう恐れがあります。その原因となるのがグリコヘモグロビンです。この一種であるヘモグロビンa1cは、ヘモグロビンとブドウ糖が結合した物質です。ヘモグロビンa1cが高い状態になるとどうなるのでしょうか。血管内に余分なブドウ糖が多いと、この数値は高くなります。数値が6.5%以上になると糖尿病型と診断されてしまいます。通常、正常な状態であれば4.3から5.8%といわれています。この数値をキープするには、ヘモグロビンa1cの数値を下げる効果のある成分を摂取することや、生活習慣・運動食生活などを見直す必要があります。この数値を下げる効果があると言われている成分は多くあります。例えば血糖値をコントロールするサポニンです。これは多くの植物や食物に含まれており、身近な食材にも含まれているものです。食生活に取り入れるのに最適な成分のひとつといえます。

ヘモグロビンa1cを下げる成分には、他にどういったものがあるのでしょうか。食生活に取り入れやすい、身近な食材に含まれていることが多いサポニンはやはりうれしい成分です。大豆製品などにも多く含まれています。その成分は大豆サポニンと呼ばれていて、特に高野豆腐に多いと言われています。また、湯葉や納豆、おからや油揚げなど、毎日の食生活に取り入れやすい点が人気といえるでしょう。また、他にもヘモグロビンa1c値を下げる成分は多くあります。ポリフェノールなどをはじめとした、抗酸化効果の高い物を摂取するのもお勧めです。何よりも健康のためには、継続してこういった成分を長期にわたって採っていくのが改善のカギと言えます。